皆さま、いかがお過ごしでしょうか。こんにちは、ヒロ ナカムラです。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う展示の延期・中止のお知らせが連日聞こえてきております。長い時間をかけて準備してきた作家さまにとっては苦渋の決断・決定かと思いますが、社会の根幹を揺るがす最大の危機。今は一人一人が健康管理や予防対策を徹底し、協力をしあって、一刻も早い事態の収束へ向けて努めてまいりましょう。感染されてしまった患者さまの早期回復を心より願っております。そして、ギャラリーやイベント関係のお仕事に携わる方々にはなんとか持ちこたえていただき、また素敵な作品を僕たちに届けていただきたいです。

この時期にコラムを書くのは自粛しようかな…とも思いましたが、ギャラリーに行けない状況において、イラストファンに少しでも楽しい読み物を発信できれば!と思いアップすることにいたします。いつもより長いですが読んでいただけると嬉しいです!

白根ゆたんぽさんの個展『かわいいのとそうでもないの』に行ってきました(会期は終了しております)。

白根さんの魅力は半年前のコラム(2019.10.4)でた~っぷり書かせていただいておりますが、今回の個展を観て、どうしてもまた書きたくなり2回目の登場となります! 誰もがご存知の有名イラストレーターであり、みんな大好きですよね!僕もこの3年間、都内で行われている白根さんの個展やグループ展、参加されているイベントにはほぼ足を運んでおります。ですが、特に今回は想像を超えたアプローチで本当にビックリ&素晴らしかったですよ~~っ!

前回の白根さんの東京個展は『PACK!』で、ここ数年の現状をまとめたダイジェスト的な内容でした。なんというか、一区切りしたような印象。だとしたら次はどうなるのかな?って個人的に気になっていました。そしたらやっぱりガラッと変えてきました。それも「うどんちゃん」体型の女の子がメインとな~っ!! 展示ごとに必ずアップデートしてくる白根さんですが、いつも以上に攻めまくってて…もう感動と興奮が止まりませ~ん!しかもみんな可愛いときたもので。「ああいう絵も描いていたいけど、こういう絵も描きたい」と言う白根さんの「こういう絵」の方だそうです。ポテっとしたシルエットがなんとも美味しそう♡ 今後の活動における新境地を切り開いたのではないでしょうか ٩(ˊᗜˋ*)و

僕は3日目に行くも、ドローイングとマグカップ、要するに直筆作品は完売…。ドローイングの大サイズなんて簡単に買える値段ではありませんよっ! いつもファンを大切にするお方なので、毎週新たに作品を追加してくれたのも嬉しかったですね。イベントもたくさん用意してあり、ファンは作品が欲しくて、観たくて、そして白根さんや仲間と楽しいお酒が飲みたくてリピートしてしまうのです。僕も会期中に3回行ってしまった!作品はすぐ買われてしまいゲットできませんでしたが 泣。けど話題のフィギュア「ゆたんぽガールズ」は会場でコンプリートできました~!



イラストレーションは流行と共に変化していきます。そのスピード感が魅力でもあり、逆にあっという間に飽きられてしまう世界でもあります。だからこそ現状維持ではダメ!売れていても常に進み続けろ!と言われているみたい。

お酒を飲みながらたまたま聞き出せたのが、僕らが思っている以上に、実は白根さんも苦しみながら作品を生み出していることが分かりました(←ここだけの話しです!) 第一線でご活躍されているからこそ、一度落ちたら簡単には戻れない恐怖とも闘っているかもしれません。なんかプロボクシングのチャンピオンのようで…。試行錯誤してワザを増やし、場数を踏んで対応力を磨き、勝ち続ける。他の選手を観察して良いところがあれば吸収する。白根さんがよく別のイラストレーターさんの展示を観に行っているのも、きっと現場で何が起こっているのか、起ころうとしているのか、起こしたら面白いかを肌感覚で確かめているのだと思います。そして世の中のトレンドリサーチなども欠かさずチェックされているのは前回書かせていただいた通りです。 売れ続けるにはやはり理由があるのです…。これは多くのイラストレーター、いや僕も含めた全クリエイターが見習うべき姿勢なんだなって思いました。

会期中、遠方で来られない人・外出を控えている人のために全国のセブンイレブンでネットプリントできるサービスをやったり、作品に「清潔にしましょう」「テレワーク」などを入れ込んだりと、気配りや柔軟性、ユーモアも忘れない。人としてもすごく尊敬しております。

「個展は、通過点を記録したアルバムみたいなもの」とのこと。これからも進化し続ける白根さんを追っかけたいと思います☆彡彡彡



そしてもうひとつこの場を借りてお伝えしておきたいこと、それは会場のTETOKA(手と花/テトカ)さんのこと。

カフェとギャラリーを併設したオルタナティブスペースで、夜な夜なアーティストやイラストレーター、ミュージシャンが集まってくる場所。まさにクリエイターたちのサロンであり、一般のお客さんも一緒に仲良くなれる神田の情報発信基地。これも店主の手塚さんと千絵子さんのお人柄があってこそですね。こんな場所は東京中探してもなかなかないですよ!音楽を聴きながら、お酒を飲みながらアートやイラストを観る。作品を通しても通さなくても隣にいる人と仲良くなれる。最高でしょう。ほぼ終電まで営業してるのも嬉しい限りで、仕事帰りにも遊びに行けます。

基本的に飲食店で展示をしない白根さんがTETOKAは特別だから!と言って会場に選ぶほど。ルモンドのオーナー田嶋さんも大好きな場所。まだ行ったことがない方は、コロナが収束したらぜひ遊びに行って欲しいです。現在も万全の体制で営業されているみたいなので、行かれる方はご自身の体調を考慮した上で!

では、また~ ^o^/


白根ゆたんぽ 個展『かわいいのとそうでもないの』


手と花|TETOKA

東京都千代田区神田司町2-16-8

2020.3.13-3.29

16:00-23:00 水曜定休

※現在はコロナにともなう営業時間の変更あり。HP等でご確認ください。


白根ゆたんぽ|Yutanpo Shirane

https://www.instagram.com/yuroom/

https://twitter.com/yuroom

http://yuroom.jp/


© 2020 LE MONDE Tokyo