年末は忙しくてコラムを書く時間がなーーい!という言い訳をしてみました。こんにちは、ヒロ ナカムラです。


2010年より運営をスタートされたタンバリンギャラリーが、2019年12月22日をもって一区切りをつけ、2020年からは『Popularity(ポピュラリティー)』と名称を変えて新たに再スタートされるそうです。

何度も通わせていただいた大好きなギャラリーなので、やはり名前が変わるのは寂しいですし、代表の二宮佐和子さんがその席を離れるのはもっと悲しい!! 感謝の気持ちとその最後を見届けるべく、最終日のフィナーレパーティに行ってきましたっ! 雨にも関わらず、会場は別れを惜しむ作家さんやファンの方々で溢れかえっており、にぎやかで夢のような夜でした。なんだか…まだ一週間も経っていないのに遠い昔の出来事のようです。


僕は毎週いろいろなギャラリーに行っていますが、各ギャラリーにはそれぞれポリシーがあります(ないギャラリーの方が圧倒的に多いですが…)。これから活躍する作家ばかりを展示するギャラリー、ジャンルに関係なく売れる作家しかやらないギャラリー、日常生活に絵を飾る喜びを提供しているギャラリー、サブカルのみ、美人画のみ、トガった作家のみ…などなど。

タンバリンギャラリーに関しては「表現する事は誰でもできる。」という精神のもと、有名無名、イラスト、アパレル、写真などジャンルも関係なく、全てのクリエイターに場を提供するというスタンスでした。展示をするのに敷居が高いギャラリーに比べると、より作家に寄り添った場所だったと言えます。なので、超有名イラストレーターさんの翌週に、趣味で絵を描いている主婦の展示があったり 笑。良くも悪くもそこがタンバリンギャラリーの魅力のひとつでしたね。


展示作品もそうですが、人間的にもクセ強めの作家さんが多かった気がします 笑。あと、お酒好きも多くて、レセプションパーティや打ち上げを通して仲良くなれた方もいっぱいいます。いや、タンバリンに関しては通常の展示でも大体飲んでいたような ٩(ˊᗜˋ*)و

僕が通うようになったのはたったの3年弱ですが、展示をした事もないのにここまで名残惜しいと感じるのは、そういう個性的な人との出会いや作品が観られたからだと思います。ギャラリーで二宮さんや鍵元さん、濱口さんと長話をするのも楽しかったなぁ。二宮さんが挨拶文に書いていた「様々な表現、人と人との繋がり、風通しのいい空気、言葉ではいい表せない、たくさんの大切なことがここで生まれてきました。」というのはすごく実感しています。本当に居心地の良い、愛のある素敵なギャラリーでした! いろいろな事情でリニューアルすることになりましたが、今後もこれまでのギャラリーの精神は変わらないそうです。

二宮さん、濱口さん、鍵元さん、谷さん、ありがとうございました! 2020年もまた遊びに行かせていただきます。宜しくお願いいたします☆彡


では、また~ ^o^/


Popularity|ポピュラリティー

(旧タンバリンギャラリー)


東京都渋谷区神宮前2-3-24

11:00~19:00(月曜休廊)

https://www.instagram.com/tambourin.gallery/

http://tambourin-gallery.com/ h

© 2020 LE MONDE Tokyo