皆さま、お久しぶりでございます。そろそろ忘れられそうなヒロ ナカムラです、こんにちは!


やっとギャラリー巡りができるようになり嬉しい限りですが、ハシゴをする感覚がまだ戻らず…1日を通して時間の配分や無駄のない路線の乗り継ぎができません! 作家さんと話し込んでタイムアップなんてこともあれば、どこかのギャラリーで飲んでしまい、もうその日の予定は未定となることも…。

とにかく今はギャラリーで絵を観ながら作家さんとお話しできる喜びに浸っております。そして、すっかりコラムの書き方も忘れてしまっております。「!」の使い方が分かりません。まぁ…いいか。もともと文章なんぞ書けないのだし、イラスト愛だけでやってきたようなものなので…。ということで、ルモンドコラム再開します~。よろしくお願いいたします! あと少しで会期終わっちゃいますが、利光春華さんの個展『a room』のレポートです!

利光さんといえば、繊細なタッチと鮮やかな色使いが特徴で、動物や植物の楽園を描かせたら右に出る者はいない!と言っても良いくらい素晴らしいイラストレーターさん。“素敵”って言葉がドンピシャで似合う作品群、最高ですよね~☆ すでに人気があった利光さんですが、さらなるブレイクを果たすきっかけとなったのが、2017年12月に刊行されたビジュアルストーリーブック『Ribbon』。リボン出ました~~っ!もはや伝説レベルの本。クラウドファウンディングを活用して出版した作品で、各界から大絶賛の嵐。鳥さんがいろんな季節を旅する物語なのですが、感情を揺さぶる躍動感のある絵は、観る者を釘付けにさせました。

その初出版記念個展を行ったのが、我らがギャラリールモンドだったのです! オーナー田嶋さんと利光さんのお付き合いも長く、当然の流れだったのかもしれませんが、ご本人いわく、この『Ribbon』出版&ルモンド個展の後から、お仕事がどんどん増えたそうです٩(ˊᗜˋ*)و 僕はこの時に利光さんを知ったのですが、以降のご活躍も本当に素晴らしいです。特にパッケージや商業施設のキャンペーン、雑誌の挿画、テキスタイルなどとの相性バッチリ☆ 女性のみならず、男性にも支持されているのも納得。カラフルでありながら、実はちょっとだけ色を濁らせてあるのもポイントで、これが絵に奥行きをもたらせているのと、色数を使っているのにまとまっている裏技なのだと僕は分析しちゃったんですよね。なんてね。



おっと、やっと今回の展示のお話し。ルモンド以来、約3年ぶりの個展だそうです。ギャラリーに入った瞬間びっくりしますよ! 壁一面にディスプレイされた多くの作品やアイテム、フロアの中央にはテーブルや椅子、窓にはカーテン。そう、部屋のような空間になっているのです!もう、ギャラリーが利光さんワールド☆彡 なんでも「部屋にある様々なものにイラストをちりばめて、イラストの広がりの可能性に挑戦したかった」とのこと。実際に使える美濃焼のプレート&カップ、生地から印刷して作ったアパレル商品やトートバッグ、職人さんに仕上げてもらったハンカチなど、仕上がりにも徹底してこだわっておりました。すべてが素敵でした!

原画は言うまでもなく、これまた素敵&感激。しかもかな~り強気のお値段。イラストレーションのお仕事をメインにしながら、原画をアーティスト価格で販売しているイラストレーターさんは、僕は数えるほどしか知りません。これは、ご自身のブランドを高めると同時に、作品作りやお仕事への妥協をしないぞ!という意思表明ともとれました。

実は利光さん、今年から旦那さまとご一緒に法人化したそうです。「本気」がうかがえますよね。本気で頑張っている方はますます応援したくなります!そのチャレンジ精神と行動力で、さらなる高みへ突き進んでいって欲しいです!


では、また~ ^o^/


利光春華 個展『a room』


表参道 ROCKET

東京都渋谷区神宮前4丁目12-10 表参道ヒルズ同潤館 3F

2020.6.12 - 6.24

11:00~19:00 (6.24は18:00まで)

※コロナにともなう営業時間の変更あり。HP等でご確認ください。


利光春華|Haruka Toshimitsu

https://www.instagram.com/harukatoshimitsu/

https://twitter.com/ToshimitsuH

https://www.haruka-toshimitsu.com/


© 2020 LE MONDE Tokyo