こんにちは。男子よりむしろ女子の輪にいる方が落ち着くヒロ ナカムラです。


皆さんはこの記事を読まれましたか? イラストレーションを愛する者としては大事件です。竹井千佳さんのファンでもあり、多くの人の目に止まるお仕事だけに、歯がゆくてやりきれません! こんなに悲しいことってありますか? どこに怒りをぶつければよいか分からず、ここで書かせていただきます。テレビでニュースにもなったこの件、大きく2つ不運が重なって起こってしまったと考えています。




1つ目は、一部の人たちの過剰なバッシング。

SNSで瞬く間に情報が拡散される世の中。現場を見ていない人たちまで同調して加熱するという悪循環。一度炎上してしまったら、大企業となれば納得いかなくても消さなきゃならない。結果、魂を込めて描いたキュートなイラストも姿を消すことになってしまったんです。しかしですよ、表現が気に入らなければ買わなきゃいい。無視してください。これはエンターテインメントなんです! ハロウィンの傷だらけメイクはどうなんですか? 冷静に考えればそっちの方がよっぽど不謹慎ですよ。自虐ネタやOLネタが多い女性芸人はどうなるんですか? 誰も文句言わないでしょ? 世の中、ユーモアがなくなったらつまらないじゃないですか!!!!!!(怒)



2つ目はロフト側がきちんと企画の落とし込みができていなかったこと。

問題となっている動画ですが、チョコにまつわるガールズトークで終わらせておけば良かったものを、「ズッ友(ずっと友達)」という女性の友情を大きく訴求し、その裏では蹴落としあっているという構造。正直、複雑すぎて何を伝えたかったのか分からない。あれこれやろうとして迷走してしまった感は否めないですね。 例えば「憧れの男性がいて、表面上はみんな平静を装ってるけれど、実は全員がその男性を狙ってる!」的なストーリーにして、「 好きな人がいれば、ライバルがいても想いを届けよう! 気持ちで負けちゃダメ!」みたいな落とし込みにすれば、このビジュアルでもクレームはなかったかもしれません。

この件で竹井さんの人気が下がることはまずないですが、やっぱり悲しいことです。僕もデザイナーという立場なので、中傷的な表現には注意しなきゃですね。イラストレーターや写真家の作品を生かすも殺すも僕ら次第だったりするので、肝に銘じつつ、今後も面白い企画を考えていきたいです。以上!


では、また~ ^o^/



竹井千佳|Chika Takei

http://chikatakei.net

https://www.instagram.com/chikatakei/

https://twitter.com/takeichika

© 2020 LE MONDE Tokyo