こんにちは。猫より犬派のヒロ ナカムラです。


先日、今井 麗さんの作品集出版記念イベント展へ行ってきました。新作ではないのですが、あまり観る機会のない大きな作品を中心に展示されていました。2メートル近い大作もありましたよ!



パッと見は写真っぽいのに、よく観ると全然リアルじゃない。あまり描き込んでいないのに、なぜか「美味しそう」「柔らかそう」「動き出しそう」に見えるんです。おそらく、物の本質をちゃんと追求して、いわゆる「○○らしさ、○○っぽさ」を描いているからだと思います。結果、写真よりずっとリアルであり、伝わってくるのかなぁと。これも絵の魅力なのではないでしょうか。形なんか正確じゃなくて良いんです。伝わるかどうか。今井さんの絵にはそういうエッセンス(本質的で、最も大切な要素)が詰まっていて、観ていてワクワクしますね。こういう絵が部屋に飾ってあったら、日常生活がもっと楽しくなりますよね!


会場の青山ブックセンターさんは22時まで開いているのが嬉しすぎです! 会社帰りにも行けます! 展示場所が本屋なので「ギャラリーはちょっとハードルが…」と思ってる方も気軽に行くことができますよ~。ちなみにギャラリーは僕にとってはオアシスでありワンダーランドですがね!


では、また~ ^o^/ 



今井 麗 作品集 gathering 出版記念展


青山ブックセンター 本店内ギャラリースペース

東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F

2019.1.12–2.3 10:00~22:00 ※最終日は19時まで


今井 麗|Ulala Imai

https://ulalaimai.jimdo.com

https://www.instagram.com/ulalaimai/

https://twitter.com/ulalaimai

© 2020 LE MONDE Tokyo