モノが多過ぎて引越しは4トントラックでした。こんにちは、ヒロ ナカムラ独身です。


オッチーさんこと落合翔平さんの話題の個展に行ってきました! そうです、タイトルの通りアトリエをまるごと会場に移しちゃったという問題の展示。もちろんご自宅の部屋は空っぽなので、会期中の作業はギャラリーでするという…パフォーマンスなのかクレイジーなのかぶっ飛んでます 笑。

作品は新作から旧作までかなりの量が展示してありました。日常生活の中にある好きなものをモチーフにしており、力強い筆圧で描かれた崩しまくった曲線がなんとも心地よいんです。絵から熱量も伝わってきますよね!

で、今回も作品の販売は一切無しっ!! 理由は前回の個展と同じく「描いた絵に愛着があり、手放したくないから」だそう…この人ヤベぇ…。イラストレーターではなく、やはりアーティスト(画家)なんだと思いますね。

会場となっている新宿眼科画廊さんは路面にあるため、次々とお客さんが入ってきてました。しかも知り合いとかではなく「たまたま通りかかって気になったから」という人ばかり。この絵には、それくらい人を惹きつける何かがあるのでしょうね。誰もが見慣れたアイテムを描いてるのもポイントかも。会場にいた人、みんな笑顔になってました ٩(ˊᗜˋ*)و

見ての通り、部屋には漫画や画集、セクシー女優のカレンダー、変な機材、キムタクなどなど、こんなもんまで~っ!っていうご本人が興味を持っているブツ&ルーツがゴロゴロ転がっているので、ずっと居ても飽きない空間となっております。特に気になったのは、毎日欠かさず貼っているという絵日記ならぬモノ日記。その日に食べたパンの包装やレシート、チラシなんかが貼ってあり…ノートが広がり過ぎて一周し、もはや丸い立体作品にさえ見えてしまった 笑。カビの発生が心配ですが、やはりこのお方は脳ミソの構造が少し違うみたいです☆

運が良ければ作業している落合さんを見学できるし、普段使っている椅子に座れる貴重なチャンス! 僕も愛用チェアに座らせていただきました。そしてシートに付着している謎の白い粉にも触れることができましたよっ!ファンにはたまらない~☆彡



すでにお分かりのように、落合さんは作品だけでなく、そのユニークな人柄や思考、まっすぐで高めのテンションも魅力的なお方。多くの人が周りに集まってくるのも納得です。僕も大好き!

いそうでいない、とても貴重な人材であり才能だと思います。こういうエネルギーに満ちた作家さんとお話ししたり作品を観たりするとワクワクしちゃいますよね!

本来イラストレーションはこうあるべき、アートとはなんぞや?みたいな話しは置いといて、絵で人をハッピーにできたらそれでOK!という考え方もありだと思うのです。けど、それだけでは生きては行けない。今回も最高に楽しませていただきましたが、もっと知ってもらうべき作家さんだし、さらにご活躍して僕らを驚かせて欲しい!いつか凄いことをやらかして欲しい!そう期待せずにはいられないのであります。


では、また~ ^o^/


落合翔平 個展『落合の作業部屋をまんま持って来た展』


新宿眼科画廊 スペースM

東京都新宿区新宿5-18-11

2020.2.28 fri - 3.4 wed

12:00 - 20:00(水曜 - 17:00


落合翔平|Shohei Ochiai

https://www.instagram.com/ochiaishohei/

https://twitter.com/ochiaishohei

http://ochiai.blog.jp/

© 2020 LE MONDE Tokyo