ギャラリーらしさ


ルモンドコラム、記念すべき50回目です~! こんにちは、ヒロ ナカムラです。

2019年の年明けから始まったこのコラム。地道にコツコツ、この投稿でついに50回目!!東京のイラスト事情を振り返る、それなりのアーカイブになってきたのでは!?なんて調子乗っちゃって~。最近はどんどん文字数も増えていき、もっと要領よく書けたらなぁ…とか思ったり、始めた頃はコピペしたような内容ばっかりで…まだまだ改善の余地だらけですわ。やっぱりですね、日本・アジアを代表するギャラリーのサイトで書かせていただいているという自負を持って、これからも「自分の言葉」で「楽しく」イラストレーションの魅力を発信し続けていきたいと思います!改めて宜しくお願いいたいします~(50回記念のビールや焼肉のおごり大歓迎デス☆)

ということで、今回はいつもとは少し違うアプローチで攻めます!ズバリ「ギャラリーらしさ」について考察してみました。

皆さんは「どこのギャラリーによく行きますか?」って聞かれたらどう答えますか?僕はもちろん「毎週ギャラリールモンド」ですが(笑)、ほとんどの人は「作家さん目的なのでギャラリーでは選んでないです」と答えることでしょう。

美術館や現代アート系のギャラリー、銀座の画廊などは詳しくないので分かりませんが、ことイラストレーションにおいては、ギャラリーという場所は単に「展示する箱」の認識で、その箱を目的に足を運んでいるお客さんはほとんどいない、それが現実。もったいない!これは多くのギャラリーに「らしさ」や「ポリシー」がないからだと思います。ブレない信念を持って運営しているギャラリーは、展示中の作家をノーチェックでもフラッと行って十分に楽しめる。こっちから探さなくてもギャラリー側から素敵な作家を教えてくれるんです。まさにルモンドがそれで、僕は毎週展示する作家さんを把握していません。だって行ったら絶対に満足できるのですから!(ルモンドの信念は公式HPのaboutか、僕のコラムの1回目をご覧ください~) 

僕が良く行くギャラリーってのは、そういう「らしさ」があるんです。せっかくなのでお名前を出させていただくと(思い付きですが)、自分の目だけを信じて有名無名関係なく全国から作家を集めるPARK GALLERYさん、ジャンルは特に決めず常に原宿や表参道の若者向けを意識しているTOKYO CULTUART by BEAMSさんやOMOTESANDO ROCKETさん、ファンシーで80~90年代の匂いが漂うTOKYO PiXELさん、作家とのコミュニケーションを重要視するTETOKAさん、「生活の中に絵を」というコンセプトのondoギャラリーさん、ロウブロウやアングラ作家にフューチャーしたmograg galleryさん、エッジーでちょいサブカルな新宿眼科画廊さん…などなど。

そういうブランド化されたギャラリーには毎回ファンが来るし、デザイナーや出版関係者も足を運ぶのです。これから展示をされる作家さんは、その辺も考えつつ場所を選ぶと、よりお仕事につながる確率が上がるのではないでしょうか~。場所選びって本当に大事です!

さらに言わせていただくと、イラストレーターさんは、なるべくならお仕事を選ぶべきかと。食っていくのが大変な商売なので断らないスタンスの人が多いと思いますが、あとあと後悔するようなお仕事は避けるべき。そうすることで「作家らしさ」がキープされます。好きなイラストレーターさんが胡散臭いお仕事してたらイメージダウンしちゃいますからね…。

そんなことを言っている僕のデザイン会社ですが、基本的にお断りはいたしません!エヘッ☆彡 エヘッじゃねーよ!エラそうなこと言いやがってからに!! 事実、ウチの会社も火の車でして…。少し前、新しいデザイナーを面接をした際に、応募者から「御社の強みとかポリシーは何ですか?」と質問をされ、役員が回答に困ったそうです。「紙媒体だけでなく、webや動画も同時展開できます!」とか「地方の中小企業にターゲットを絞り、ブランディング含め一緒に成長していくことです!」みたいな、筋の通った経営にシフトしていかないと、本当にこれからの時代は生き残っていけないのかもしれません…。ですので、イラストレーターさも、変なお仕事や断りきれない企画展への参加はなるべく避けつつ、もし受けた場合は公表せずにしておきましょう٩(ˊᗜˋ*)و

おーーっと!やっと今回のTHE blank GALLERYさんのグループ展のお話しです!

前回のグループ展『SOY SAUCE FEST 2020』は濃い~個性溢れる感覚派のイラストレーターが多かったのに対し、現在開催中のグループ展『MIND THE GAP』は技巧派のコンセプチャルなアーティストが多く、これもまた素晴らしい展示でした!いずれも共通して言えるのが「ギャラリーらしい」作家さんがセレクトされていること。

ブランクギャラリーさんは、主にグラフィティやヒップホップ、その周辺のファッションや音楽、ライフスタイルを感じさせる「ストリートカルチャー系」に強いギャラリーで、いつもカッコ良くてトンがった作品が展示してあります。現代アートが中心なので毎回行っているわけではないですが、すごくお気に入りのギャラリーで、今まで知らなかった僕好みの作家さんをここで何人も見つけております!

今回の展示はポップでキャッチャーなノリの作品が多く、イラスト好きの僕でもかなり楽しめました! 実は…3名がアラフォーで、他の4名は東京藝大の現役か卒業生という面白い組み合わせ。展示テーマは「ギャップ」で、「これ日本画の画材だよね!?」「モデルさんが藝大生!?」「もみじ饅頭の絵に大麻オイル!」みたいな、 扱う技法や題材、各作家が持つバックグラウンドや経歴なども含めてのギャップ。こういう企画も良いですね~☆

オーナーの佐藤さんはすごく先見の明があるお方。僕が「あ、この作家さん面白いかも」と思って、過去の展示などを調べてみると、結構ブランクさんのグループ展に参加されてたりするんですよね。美大の卒展などもチェックしていて、気になる作家には積極的に声をかけてお誘いしている姿勢にも信念を感じます。それと展示してある作品のコンセプトや作家さんの経歴をしっかり把握しているのもありがたい! 作家さんが不在の時でもすべて佐藤さんが説明してくれるので助かるんです。それにより作品の見え方が変わってきますしね。 今後もクールでイカした展示を楽しみにしております~~!

では、また~ ^o^/

グループ展『MIND THE GAP』』

THE blank GALLERY

東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

2020.9.19 - 10.4 木曜休廊

平日 13:00 - 19:00

土日祝 12:00 - 19:00

<参加ARTISTS>

■川野裕有希|Yuki Kawano

https://twitter.com/123_password


■島田萌|Moe Shimada

https://www.instagram.com/moe.shimada.23/

https://twitter.com/smd345m

■新宅睦仁|TomoniShintaku

https://www.instagram.com/tomonishintaku/

https://twitter.com/tomonishintaku

https://tomonishintaku.com

■髙橋健太|Kenta Takahashi

https://www.instagram.com/mjkenta0813/

https://www.kenta-takahashi-website.com

■友沢こたお|Kotao Tomozawa

https://www.instagram.com/tkotao/

https://twitter.com/KKKOTAO1

■山本直輝|Naoki Yamamoto

https://twitter.com/930naoki

https://930naoki.wixsite.com/mysite

■snAwk

https://www.instagram.com/x.x.snawk.x.x/

https://twitter.com/_snAwk

https://snawk-stencil-art.wixsite.com/portfolio

最近のブログ
過去のブログ

© 2021 LE MONDE Tokyo, LLC