チャリティ展CAT POWER 2015

August 18, 2015

 

チャリティ展CAT POWER 2015を無事に終えることができました。

猫犬の殺処分を無くしたい〜という考えに賛同いただいたイラストレーター全50名による猫ちゃん絵の展示でした。展示作品とグッズ売上の30%を一般社団法人 動物愛護団体ランコントレ・ミグノンと自走型保護猫カフェ・ネコリパブリックに寄付します。

 

ぼく自身も保護した猫(トラちゃん)と18年間一緒に暮らしておりました。トラちゃんは当時住んでいた三軒茶屋の八百屋のダンボールの中にいたのを保護しました。眼は目ヤニで開けられず身体はノミだらけだったところをいたたまれず病院へ連れて行き、そのまま家族となりました。当時、三軒茶屋には多くの野良猫がいましたがその多くは耳が欠けていました。調べてみるとそういう猫は不妊去勢手術をしてもともといた場所にリリースされた「地域猫」で、欠けた耳は不妊去勢手術済みという印だと知りました。そういった地域猫として一代限りの猫生を見守っていこうと活動されている動物愛護団体や個人がいて、その多くはボランティアだということも知りました。

そんな活動を知って、いつか自分がギャラリーを持ったら少しでもそんな活動に協力したいと思い、この度このチャリティ展示を企画しました。

 

 

参加イラストレーター(全50名)

・網代幸介・網中いづる・いとうひでみ・いとう瞳・浦野周平(ShuThang Grafix)・榎本マリコ・會本久美子・大地咲穂・大橋美由紀・大野 舞・小笠原 徹・河原奈苗・北村佳奈・黒田愛里・小巻・佐々木香菜子・佐瀬麻友子・澤村花菜・サンダースタジオ・椎木 彩子・塩川いづみ・宍戸竜二・JUN OSON・須川まきこ・鈴木ヒロキ・関川 恵・そで山かほ子・高橋キンタロー・竹井千佳・千海博美・D[di:]・tent・とやちかこ・二宮佐和子・原知恵子(chienoix)・樋口達也・布川愛子・深沢亜衣・藤森玲奈(Qoonana)・前田ひさえ・MASAMI・松尾麗子・まるやまあさみ・水沢そら・箕輪麻紀子・宮島亜希・YAJ・山路奈央子・山本由実・若林 夏

 

CAT POWER 2015では素敵な猫ちゃん絵だけでなく、オリジナルのTシャツを網中いづるさん、塩川いづみさん、瓜生太郎さんにお願いしました。

また会期中にはDMのビジュアルを描いてくれた布川愛子さんの大人気イベント「動物の似顔絵屋さん」も特別に開催しました。

 

 

このチャリティ展ではイラストレーションが好きな方だけでなく、動物愛護団体の方や動物のボランティア活動をされている方々にもたくさん来場いただきました。そんな方々の声に耳を傾けると、まだまだ無責任な飼い主がたくさんいるという現実に怒りすら覚えました。

日本では毎日約700匹の猫犬が自治体で殺処分されているそうです。この問題の根本にあるのは日本のおかしなペット産業のあり方だと思います。詳細はこちらを参照ください。

 

チャリティ展を通じて一人でも多くの人に動物の殺処分が日々行われていることを知っていただき、そんな不幸な猫犬を減らすにはどうしたらよいか思いを巡らして欲しいです。小さな猫犬をぬいぐるみのように商品として販売する日本のペットショップのあり方、動物を買うという行為に疑問を持ってください。

 

 

チャリティ展の総売上と寄付金が確定したらまたブログにてお知らせします。

 

参加いただいたイラストレーターの皆様、お越しいただいたお客様には本当に感謝しております。

来年はさらにパワーアップしたCAT POWER 2016を開催します!

 

 

 

・追伸(9月7日)

総売上と寄付金が確定しました。

 

総売上:¥ 1,117,700- 

(作品売上:¥ 552,000-  グッズ売上:¥ 565,700)ー  ¥170,650-(グッズ製作費)

合計:947,050-

 

寄付金 ¥ 284,115-(売上の30%)+   ¥ 15,885-(田嶋個人の寄付)

合計:¥300,000-

 

300,000-円の半分150,000-円をそれぞれネコリパブリックさんとミグノンさんに寄付させていただきました。

 

 

Please reload

最近のブログ
Please reload

過去のブログ
Please reload

© 2019 LE MONDE Tokyo