グループ展 LOVE DRAWING vol.03



ファッション〜ビューティに親和性あるドローイング・スタイルで、当ギャラリーがイチ押しのフレッシュな才能を紹介する、年明け恒例のグループ展の第三弾。


この企画展を2015年に始めて以来、ずっとファッション感あるメンズを描く人を探しておりました。Yuri Sawadaさん。男性だと思っていたら、若干22歳、札幌在住のパンキッシュでキュートな女性でした。いかに描かずに色気を漂わせるか〜に長けている今後がとってもたのしみな彼女は本展示のダークホースだと思っております。



2015年9月の三人展MARKET COUTURE、昨年のLOVE DRAWING vol.02でも作品展示していただいたmeoさん。その後、海外の媒体に作品提供をしたりと少しづつ活動を広げております。今回は色数を抑えつつも、相変わらず冷たくも魅惑的な女性の目元と唇にドッキリします。



アールヌーヴォーとガーリィとの邂逅。草間花乃さんの描く、淡い色彩で彩られた花々をまとった透明感ある女性像からは、優しくも意志の強さが感じられます。大人ガーリィな作風が魅力的で、ビューティ〜コスメティクスのお仕事でトーンが合えばバッチリだと思います。



これまでボールペンで緻密に描かれた重々しいモノクロ画が印象的でしたが、今回は新しく発売されたホルベインのAcrylic Inkを使用した、鮮やかでストリート感溢れる新作で参加した川口絵里衣さん。ファッションも勉強してきた彼女にとって、こういったスタイルはずっと馴染みのある絵だったはず。まだまだ引き出しがありそうで楽しみです。デジタル作品を収めたZINEも必見です。



最近のブログ
過去のブログ

© 2021 LE MONDE Tokyo, LLC