飯田 梓 個展 dig dug

February 10, 2019

 

ファッションブランドとのコラボレーションで絵の中に生地を使用したり、木版画を組み合わせて大きな一枚絵を表現したりと、実験精神旺盛なアプローチをしてきた飯田 梓

漂うファッション感、構図の妙、配色のセンスが光る当ギャラリーが自信を持って紹介するニューカマーの新作、全39点。

 

 

いつも会場に合わせてテーマを考え、使用する画材を選ぶというアプローチをしている彼女が本展で選んだのは木版パネル。彫刻刀で削ることで画面に面白い立体感とリズムが生まれています。また、選び抜かれた色の調和が素晴らしく、全体的に色数が多いにも関わらずうるさくならない空間となっています。

どこか60〜70年代の雰囲気が漂うカラフルな絵は、ビートルズ「イエローサブマリン」のイラストレーションを手掛けたHeinz Edelmann(ハインツ・エーデルマン)を彷彿させられますが、彼女の絵からは都会的でクールな視点が感じられます。

 

 

今後も展示会場やコラボレーションによって様々な表現を行っていくであろう彼女からは目が離せません。

本展の展示作品を納めた作品集はルモンド・プレスで2019年春に販売予定です。お楽しみに!

 

Please reload

最近のブログ
Please reload

過去のブログ
Please reload

© 2019 LE MONDE Tokyo